スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア旅行記 2日目-3

お昼ごはんは、ツアーについていたので一旦、市内に戻り昼食です。
P1030286.jpg

本日の昼食
P1031301.jpg
タイ料理ぽい辛いイメージを勝手に想像していましたが、薄味で美味しかったです。

昼食後、15時のアンコールワットまでは時間があるとのことなので戦争博物館に連れて行ってもらいました。
入場料は、2人でUSD10でした。恐らく、入場料3ドル+チップ2ドルです。

博物館というかゴミ屋敷。
P1030318.jpg
興味のない方の場合、5分で終わります。
当然貸し切り状態です。

チップが効いたのか、展示物は触りたい放題でした。
P1030315.jpg
こんな感じで戦車も野ざらしです。
P1030346.jpg
趣味が合いそうな外国人旅行者の方も戦車に乗って遊んでいました。

まだ時間があったので今度は、カンボジアミュージアムへ。
写真撮影禁止で、入場料は一人USD12です。
相変わらず物価が高いな~。
カンボジアの通貨であるリアルは今のところ出番なしです。
スポンサーサイト

カンボジア旅行記 2日目-2

遺跡に到着!
アンコールワットは15時過ぎに連れて行くとのことで、アンコールワット周辺の遺跡に連れてってくれました。
P1031141.jpg
が、そこら中遺跡だらけで京都に修学旅行に来た中学生並に短時間でいろいろ連れて行かれたので名前は全く覚えられず…。
案内板も少ないので、メモを持って行くことをおすすめします。

カンボジア政府公認ガイドさんは、薄ピンクのシャツが制服でさらにワッペンと名札をつけているのですぐにわかります。
P1031165.jpg
説明してくれているミッキーさん。
あれ、なんか他のガイドさんよりペースが早いような気が…。


また、アンコールワットを上空から一望できるアンコールバルーンという気球に乗りたかったのですが休業中とのことで乗れず、代わりに象に乗りました。
P1030096.jpg
チケットカウンターにつれていかれると一人USD15の文字が…。
想像していたよりも物価が高い。
10分ぐらいかけて遺跡のまわりを回ってくれます。

赤土がとても綺麗です。
P1031295.jpg

続く

カンボジア旅行記 2日目-1

カンボジア旅行の二日目です。

今日は、日本で頼んだアンコールワット周遊ツアーの日です。
8時にフロントで待ち合わせなので、急いで食事をとりました。

P1031123.jpg
ホテルの部屋から朝食会場に向かう道

フロントにてガイドのミッキーさんと合流。
5分ほど遅刻して来られましたが東南アジアではよくあることです。
"オハヨーゴザイマス"と日本語が!日本語が喋れるガイドさんでよかったと一安心。

※カンボジアでは、基本的に1グループごとにガイド兼ドライバー、もしくは、ガイド+ドライバーを雇うことが一般的です。
極端に安いツアーを除いて、バスツアーのように団体で行動することは少ないと思います。


ホテルから車で10分ほど走るとアスファルトの道から舗装されていない道に代わりテンションも上がってきました。
P1030084.jpg
前に走っている3輪(4輪)の乗り物はトゥクトゥクというタクシーのようなものです。
めちゃくちゃ楽しい乗り物ですので、行かれる方は勇気を振り絞ってぜひトライしてみてください。
値切り交渉も運と交渉次第では可能です。
ボッタクられることはないと思いますが、トラブル防止の為、必ず乗る前に価格交渉して下さい。
支払いは基本的に降りる時でいいはずです。

続く
プロフィール

КЁЙ

Author:КЁЙ
隠れ家的メインブログ。
ミリブロはこちらです。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
ミリタリーショップリンク
[楽天PR]
[amazon PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。